このページの先頭です。

おいしいゆで方

〜 ポイント 〜

さぬきうどんの魅力は、
なんといっても麺のコシとツヤ。
しかし、鍛えられた麺も、ゆで方や締め方を誤ると
せっかくのコシとツヤがなくなってしまいます。

おいしくお召し上がりいただくために。
以下のポイントを必ずお守りください!

【 半生麺・生うどん共通 】

■ ポイント1

半生麺を袋から取り出すときは、麺折れを防ぐため、以下の手順で行ってください。

1) 切り口にそって袋を切る
1)
切り口にそって袋を切る
2) 麺が曲がっている部分をそっと持ち取り出す
2)
麺が曲がっている部分をそっと持ち取り出す
3) そのまま沸騰した鍋にそっと入れる
3)
そのまま沸騰した鍋にそっと入れる

■ ポイント2

3L以上の沸騰している湯でゆでてください。
パスタポット等の大きな鍋がおすすめです。
少ないとお湯が粘りまた麺折れの原因ともなり、おいしくゆがけません。
小さい鍋しかない場合は、一度にゆでる麺の量を半分にすると良いでしょう。

■ ポイント3

手順2でのゆで時間の目安は、麺が浮き、再沸騰してからの時間です。

■ ポイント4

茹でた麺を洗ったらすぐ水切りをして下さい。
麺は冷やしすぎるとかたくなります。

■ ポイント5

だし、お好みの具は麺をゆでる前にあらかじめご用意下さい。
後にするとせっかくの麺がのびてしまいます。

▲このページの先頭へ

〜 手順 〜

手順1

沸騰している湯の中へ麺をそっと入れてください。
※箸でかき混ぜると、麺折れの原因となります。

図1

手順2

麺が浮き上がり沸いてきたら、
湯が噴きこぼれない程度の火加減で沸騰を続けます。

ゆで時間の目安
冷たい麺
半生うどん約14分、
生うどん約11分
温かい麺
半生うどん約10分、
生うどん約8〜9分
釜上げ
半生うどん約10分、
生うどん約7〜8分
ゆで時間の目安は、麺が浮き、再沸騰してからの時間です。
讃岐うどんレシピ」の、ゆで時間も参考にして下さい。
図2

手順3

ゆで上がったら素早く大量の水(やや冷水)に放ち、
流水でもみ洗いします。
麺を洗う時に氷水などを使われる方がいらっしゃいますが、
冷やしすぎは禁物。麺が固くなって逆に味が落ちてしまいます。

(釜上げの場合は、ゆで上がった麺を鍋から直接丼へ入れてください)

図3

手順4

麺が冷えたら(締めたら)素早くざるで水切りをします。
ぶっかけ・ざる等の冷たいメニューは、そのまま器へ盛りつけ。
かけ等の温かいメニューは、お好みで温めてから器へ。
できるだけ早くお召し上がりください。

図4

▲このページの先頭へ